ホーム >サービス紹介>事業譲渡

事業譲渡

1.事業譲渡とは

多少の利益は出ているが過大な借入金があってこのままでは事業の存続が難しい。こういう会社に適した再生手法です。

別の会社に現在の会社の資産など「持っていきたいモノ」だけを移します。勿論、会社継続を考えるときに、赤の他人に譲ってしまえば、廃業と同じですので意味がありません。息子さんや娘さんを代表者に立てた新会社を設立し、そこに主に良い部分を移し、大きな負債は現在の会社に残していく、というスキームです。新会社は、大きな負債から解放されますので、事業の存続が可能となります。

2.負債を残していくと銀行が納得しないのではないか

銀行とは真正面から話し合いを行い、納得頂いた上で譲渡を行いますので、後々問題になることはありません。

3.NPO西日本事業支援機構のサポート

NPO西日本事業支援機構では、金融機関の融資や審査出身者が皆さんを誠心誠意サポート致します。債務者のみならず債権者にも都合が良い事業譲渡のプランを構築して、金融機関に持ちかけます。

債務者と債権者、本来なら利益が相反する
関係者双方に最大の利益を生む再生スキームを構築できること。
これが私たちの最大の強みであり、誇りです。

サービス紹介